キンバリーの場所

このサイトの発信地、カナダはオンタリオ州(Ontario)のキンバリー(Kimberley)の場所の紹介です。

西のB.C.(ブリティシュ・コロンビア州)にも同じ名前の町があって、こちらの町より知られています。

こちらオンタリオ州のキンバリーの町の中心には、50軒ほどの家が建ち並んでいて、お店はワイナリーとレストランだけ。
最近、ジェネラルストアがオープンしましたが、もうすぐ閉めるそうです。
このジェネラルストア、手作りパンや無農薬の粉や雑穀などが売っていて、なかなかいい雰囲気だったので残念です。
ガソリンスタンドはありません。

トロントから遊びに来た友達のお嬢ちゃん-当時5歳-は、「ガスステーションがないけど、私達トロントに帰れるの〜?」と真剣に心配したり、トロントの家に帰ろ〜を「カナダに帰ろ〜。」言っていました。(笑)
それだけ、トロントとは別世界です。
トロント近郊からの観光客や、この辺りに別荘を持っているコテージャーがいて、週末になると人口がきもち多くなるかなといった町です。
平日は、人より動物の数の方が多いです。(休日もかも。)

近くにスキー場あり、ゴルフ場あり、海水浴場あり(湖です)。
ナイアガラの滝からトバモリーまでの有名なBluce Trail(ブルーストレイル、カナダでは有名なのですが、日本向けにはあまり紹介されていません。)もあるので、トレッキングやクロスカントリーも楽しめます。
ビーバーリバーではカヌーも楽しめ、名前の通り、川にはビーバーも住んでいます。

この辺りは、Grey County(グレイカウンティ)と呼ばれていて、サイトで紹介されています。下の地図のクリーム色の部分です。
興味のある方は写真をどうぞ。↓

http://www.greyroots.com/tourism/communities/kimberley/

キンバリーの場所

トロントから北西に160km、車で2時間弱の場所です。
トロントはもちろん、キッチナーやハミルトンには、日本人の方が多く住まれているそうですが、この辺りは少ないです。
10年前にキンバリーに来た時は、キンバリーに日本人?!ということで、ちょっと大騒ぎになりました。
今も、「どうして日本人が、こんなアングロサクソンの地域に住んでるの?!」と言われたりします。

日本で知られているカナダとまた違ったカナダを体験されたい方には、お勧めです。
日本人と話した事ないロコピープルが存在します。そして素で話しかけられます。
詳しい話は、キンバリーの人達と動物をご覧ください。

2010/11/1


関連サイト

カナダラララ

カナダラララ

カナダから日本への輸入代行、手作り子供服、布、小物を販売しています。

Nakaのログハウス情報

Nakaのログハウス情報

過去に建てたログハウスをはじめ、現在の作業の様子を紹介しています。

Nakaのビルディングスクールの
ブログ

ログビルディングスクールの様子を紹介しているブログです。(2010/5/24〜)

リンク

キンバリーの天気

■都市名を入力されますと、世界中の天気がご覧になれますよ。

キンバリーの時間